■預金保険制度について

 預金保険制度とは、金融機関が預金等の払戻しができなくなった場合などに、預金者等を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。
 我が国の預金保険制度は、「預金保険法」により定められており、政府・日本銀行・民間金融機関の出資により設立された「預金保険機構」が制度の運営主体となっています。

預金等の分類 保護の範囲

預金保険の
対象預金等

決済用預金 当座預金、利息のつかない普通預金等 全額保護
一般預金等 利息のつく普通預金、定期預金、定期積金、元本補てんのある金銭信託(ビッグなど)等 合算して元本1,000万円までとその利息等を保護
預金保険の対象外預金等 外貨預金、元本補てんのない金銭信託(ヒットなど)、金融債(保護預り専用商品以外のもの)等 保護対象外

預金保険制度についての詳細は、預金保険機構または金融庁のホームページをご覧ください。
預金保険機構のホームページ
金融庁のホームページ(預金保険制度)

【お客様へのお願い】
 預金保険法に基づき、金融機関は、お客様の届出情報(氏名・生年月日・住所[法人の場合は名称・設立年月日・所在地]・電話番号等)を整備する必要がございますので、ご協力くださいますようお願いいたします。
 また、氏名(名称)・住所(所在地)・電話番号に変更が生じた場合、速やかに変更の手続きをお願いいたします。